格安で結婚式を挙げるなら|基本料金などを比較して決めよう

新郎の衣装

男性

2つの選び方

結婚式での新郎の衣装は、スーツに似ていますが、ジャケットの形や色味が特徴的で、お祝いの席にふさわしいタキシードが一般的です。スーツではほとんどの場合、ネクタイをしますが、タキシードではスカーフや蝶ネクタイをつけることが多いです。また、カッターシャツの袖口にはカフスボタンをしたり、ベストやサスペンダーや手袋など、小物も充実しています。タキシードの選び方についてですが、まず1つは、新婦のドレスに合わせて選ぶという方法があります。新郎新婦でテイストや色味を合わせることで一体感が出ますし、挙式と披露宴で新婦のドレスが変わる場合は、それに合わせ小物を変えるのも良いでしょう。もう一つの選び方として、新郎の背丈や体型に合うタキシードを選ぶという方法があります。背の低い新郎が、丈の長いジャケットを選んでしまうと、背の高さが強調されたりバランスが悪く見えるので、避けた方が良いです。また、サイズも大切であり、袖が長すぎると野暮ったい感じになりますし、大柄の人がスリムなタキシードだと窮屈そうに見えてしまいます。結婚式のタキシード選びには、衣装プランナーが担当しますので、疑問点がある場合や迷ったことがあれば相談すると良いでしょう。普段の生活では着ることのないタキシードに袖を通すことで、結婚式を挙げる実感が湧く新郎も多いのではないでしょうか。タキシードを着るのが恥ずかしいとか照れがある新郎も、ぜひ、結婚式ではタキシードを着てかっこよくバージンロードを歩き、新婦をエスコートしてはいかがですか。